看護士の仕事

看護士就職NAVI

看護師は体力勝負の職業です

看護師という職業はナイチンゲールが代名詞で女性の職業でした。
ところが、最近は男性の職業としても人気が出てきております。
健康な人にはわからないかも知れませんが、一度病院に入院をしてみると看護師の仕事が、どれほど体力的な職業であるかが理解できるものです。
一般のサラリーマンが繁忙期に残業があったり徹夜をしたりすることがあっても、閑散期になれば通常の昼間の生活に戻ることができます。
ところが、看護師の仕事は繁忙期が通常の仕事時間帯となるのです。
2交代・3交代のシフト制で労働基準は守られていますが、変形労働時間で時間は不規則にならざるをえません。
これは病院という職場が、年中無休・24時間営業であるための宿命でもあります。
給料が良いのは当然のことといえます。
更に、人間の命と向き合っているので責任感や使命感は付いて回り、避けることのできない問題です。
給料は、命との対峙を考えれば安すぎるのかもしれません。
また、診療科目には精神科や泌尿器科、高齢化社会にともない整形外科やリハビリがあります。
これらは女性よりも本来体力が上回る男性の方が向いている職業といえるのです。
これからは、男性の職場として資格取得者が増えていくでしょう。

看護師の正体を知ろう

専門職として、医師等が患者を診療する際の補助としての役目や病気や障害を持つ人々の日常生活における援助と、サポートをする側としての役割が多いdです。
この専門職は国家資格を得て習得できる職業として、非常に人気の職種でもあります。
その分、人の命に携わるお仕事なので、責任やお給料面でも大きく、やりがいのある仕事の一つです。
日本では女性を看護婦、男性を看護士と呼称していましたが、保健婦助産看護師法により、男女共に看護師と呼ぶことが定めらました。
看護師には種類があります。
正看護、准看護、認定看護、専門看護の4種類がありますが、正看護とは厚生大臣の免許を受けて、傷病者に対して療養上の世話、又は診療の補助をする者。
准看護とは都道府県の免許を受けて、医師や歯科医師、看護の指示を受けて、業務を行う者。
認定看護は必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において熟練した知識、技術を使い看護のケアを実践できる看護として、日本看護協会から認定を受けた者。
専門看護は日本看護協会専門看護認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野にて卓越している実践能力があると認められた者。
このように、看護にも様々な役割が設けられているのが医療の世界です。

pickup

貸倉庫 東京

自動車教習所 千葉

狭小住宅

最終更新日:2018/6/29