患者さんとの接し方

看護士就職NAVI

患者さんに困らせる看護師

看護師の仕事は、想像しているよりも遥かに激務です。
その中でやはり退職をされる方も少なくありません。
また休職や復職をといったことを繰り返す方も居られますが、その理由に職場が変われば仕事が楽しく充実したものになると考えての行動のようです。
そして激務の仕事で、体力、精神的に参っているところに拍車をかけるのが困った患者さんでもあります。
病気になり気がめいっているのも分かりますが、すぐに怒る方や、ナースコールを鳴らして少しでも待たせると激怒されることや、食事が不味いなど看護師を困らせてしまうようです。
また精神的に厳しいことにセクハラがありますが、待ち構えている患者さんが居たり、言葉によるセクハラなどもやはり良い気分ではありません。
ですが、中には構って欲しい願望から我侭を言われる方も少なからず居られるので、けっして全てにおいて患者さんがいけないと言うわけではなく、ときには励ましてくれる方も居られることもまた事実のようです。

看護師が患者と上手に付き合うための方法

看護師もまた人であり、患者の言葉を本気で受け止めてしまうこともあります。
ですが嫌なことがあり、機嫌がよくないときや体調が思わしくないときでも、笑顔を絶やさないことが大切になってきます。
例えば少し触っただけで、凄く痛がられたりしたときには、大げさと考えてしまうかもしれませんが、もしかしたら本当に痛かったのかもしれません。
そうなればやはり感情を出し過ぎないことと、笑顔が大事になってきます。
そしてそういったことからトラブルになることもあり、少しのことで患者が看護師に対して文句を言ってきたとしても、それはコミュニケーション不足から起きることかもしれません。
人付き合いが苦手だけど看護師になりたいと考えているなら、まずは対人関係のスキルを磨くことがとても大事になってきます。
また患者とは、嫌なことを言ってきたり、セクハラだったり、恋されることもあるかもしれません。
どれも上手に対応できるようにしておくことも大切です。