男性看護士

看護士就職NAVI

男性でも看護師になって
バリバリ活躍することは可能

看護師というのは、昔は看護婦と呼ばれていました。
その名の通りに、ほとんどが女の人であって、男性はあまり見受けられませんでした。
しかし近年はそういった流れは完全に変わりつつあります。
看護学校でも男性の割合が年々高くなってきていて、いまでは半数程が男子だという学校もあるぐらいです。
医療現場でも男の人が看護師をしているケースはとても多くなってきていて、病院側も躊躇なく男性看護師を採用し始めています。
今後はさらにたくさんの男の人が、病院を舞台に活躍していくものだと考えられています。
こうなった理由にはいろいろなことが挙げられますが、一つにはとても待遇が良いというものが関係しているのは間違いがないです。
病院は給料の未払いなどがほとんどないですし、有給もしっかりしています。
ボーナスも残業代も民間企業よりは支払われるので、男の人でも十分に狙ってみようと思える仕事場なのです。
しかも一生の仕事にできる点も、理由の一つなのではないでしょうか。

男性看護師が活躍しやすい診療科目は

性別によって働き方に差が生まれてはいけないという考え方が広まってきて、看護師の世界にも男性の数が増えてきています。
しかし、やはり彼らは女性とは違った役割を果たす場合が多いです。
医療の世界でも、力仕事がたくさんあるような診療科目なら、男の人は採用されやすいという傾向があります。
小児科などは女性が多いですが、精神科などは力が必要なケースも多いですから、男性の姿がよく見られます。
給料は男女でそれほど差はないですから心配はする必要がありませんが、自分の能力をフルに活かせるのはどこかと考えておくのは必要なことです。
ただ、看護師の世界では転職がごく当たり前に行われているので、どこかの診療科目に採用された後でもまた別の診療科目に移動はすることができるので難しく考えることもないでしょう。
気に入った職場が見つかるまで転職を繰り返しても、医療の世界ではあまりデメリットにはなりません。
逆にキャリアが豊富だと思われることがほとんどです。

Favorite

2015/7/23 更新